2016/08/04

もう炊飯器いらないかも?!

こんにちは、こひつじです。

前々からやりたい!と思っていたのですが、数日前から思い立って


土鍋炊飯


をはじめました。

暮しの手帖最新号の土井善晴先生の記事を読んで、

お米は洗ってざるに40分あげておくだけで、めっちゃおいしくなる。というのを家でやって以来、

夏休みの自由研究のネタのごとく、お米をいかにしておいしく炊くか?

研究を始めるようになってしまったんです。

これまで土鍋はカセットコンロと共に一年の大半を棚の中で寝て過ごしていました。



炊くにあたって、まずは土鍋さんを召喚。

いたって普通の土鍋。鍋料理の時しか使っていませんでした。

お米は洗って、さらしをしいたざるにあげます。

さらしでなくても、手ぬぐいでもいいのですよ(最近こひつじは手ぬぐいブームなもので)

ざるも竹など天然の素材がよりいいと思います。私は道の駅で買ったざるを愛用しています。

30〜40分放置したら、土鍋に移し、1合に対して1カップ(=200ml)の水を入れます。

私、炊飯中、蓋は絶対取ってはいけないのかと思っていましたが、こちらのサイトによると

土鍋に慣れていない若葉マークの人は、

沸騰するまで蓋を開けていてもいいのですね!!

蓋を開けたまま中火で沸騰するのを待ち(5分ちょっと)

沸騰したら弱火にして蓋を閉めて15分。

炊けたら蓋を開けて水分の飛び具合を確認、まだならもう少し火にかけ、

よさそうならば蓋をしてむらします。

10分ほど蒸らしたら出来上がり。ご飯をかきまぜて、実・食!!








うんまーーーーーい\(‘∀’)/



炊飯器と違って、おこげがつくことでおせんべいを連想させますし、

炊飯器にはない、甘いにおいや味を感じます。

(手間がかかった分、おいしくなっているはずだ〜と思い込みがかかっているのもあるといえばある…)

しかも、炊飯器で炊くのとそんなに所要時間が変わらないのもポイント高いです。


最初は昔ながらの「沸騰するまで強火」でやりましたが、

鍋の中に圧力がかかりすぎて、蓋の穴から凄まじい吹きこぼれを起こしまして、

レンジ周りが大惨事に(・ω・|l|) ガ━ン!!

初心者にこれはちょっと…!と思ったのですが、蓋を開けたまま中火で沸騰の方法だと、

圧力がかかりにくいからか、最小限の吹きこぼれで済みました。

もうひとつだけ、研究していて思ったのが、

土鍋の穴の真下付近のご飯が少々べっちゃりしていること。

やはり穴の真下ということで、圧力が抜ける=他の部分と炊き上がりが少し違っている?

感じがします。

炊いている最中、夫さんが菜ばしを出してきて

「これを穴に刺すといいんだって聞いたよ♪」

彼は、私よりも女子力、主婦力が高い…です……(;´Д`A

お店では菜箸を穴に刺すことで、鍋の圧力を一定に保つように炊いてるそうです。

今度からはそうしてみようかと思います。


それと、土井先生のざるに40分あげるという方法、他のお米の炊き方を指南するサイトだと、

長時間ざるにあげない=お米が割れるのでやらない。だそうです∑(゚Д゚)

あ…あれ…??なんか言っていることが違うんですけど?

土井先生は吸水=ざるにあげることでお米は水を吸うんだよ、水に浸すとお米が息できないし、雑菌が繁殖して風味が落ちるよ。

とおっしゃっているのに対して、

他のサイトでは吸水=お米を水に浸けることで、お米に水を吸わせるんだよ。となっているのです。

土井先生の主張とは真逆で、なんだか混乱したのですが、

実際やってみてざるにあげる間、しっかり吸水しています。

これをやるだけで、炊飯器でごく普通に炊くと、一粒一粒が立っています。

本当です。

やってみて、自分にあう方法を採用すればいいと思うの。そんな私は、土井先生の方法を採用しています。

それにしても…炊飯器、普段はいらないかもしれん…

(ケーキ作る時はいるので、捨てられない)

いつか炊飯器を廃止してしまいたいと思っていたので、

土鍋炊飯が軌道に乗ったら、炊飯器を撤去してしまいそうです。

性懲りもなく続いているブログ、よかったらぽちっと応援お願いいたします~(;・∀・)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/05/15

4歳児の収納グッズとお手伝いを考える

こんにちは、こひつじです。

前回の記事をアップした直後に出かけた本屋さんのレジ前で、子ども向けのお片づけ用品が売ってありました。

整理収納アドバイザーのEmiさんの本といっしょに売ってありました。

整理収納本の業界では有名な方だと思います。お名前は存じております。

さすがに売り場の写真を撮ることはできないので、パンフレットをもらって来ました。

詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧下さいね。

ああ、めじるしポケットはとても使いやすそう!

私は以前玄関に貼って靴をここに脱いでねの目印を自分で作って使っていましたが、

作るのが苦手、作る時間がないというお母さんにとっては、ぴったりかもしれません。

しかーし!

この商品は盲点があると思うのです。

「ひらがながわかる子」向けの作りになっているので、使える人が限られるんです。

息子は残念ながらまだひらがなは読めません。

なので、使うにはハードルが高すぎるのです…未就学の文字が読めない子にも配慮してもらえたら!

この不満を夫さんに話してみると、

「これを使う子は幼稚園に行っている子で、ひらがなは既に覚えた子が前提なんじゃない?最近は早いうちから勉強するみたいだし、うちみたいに教えていない家の方が珍しい方なのかもよ」

と言われました。確かに、そうかもな〜(-"-;)

ついでにこのステッカーをひらがなを勉強するきっかけにしちゃいなYO★ってことなのか〜?(考えすぎ)

こひつじは自身が絵が好きなので

「文字を使わずに自分の考えを伝えるにはどう絵に描けばいいか」というのを考えることがあります。

例えば、ウオールステッカー。

「でんきを けしてくれて ありがとう」を文字を使わず、イラストのみで表現しようとするなら、

どんなデザインなら子どもにも分かるでしょうか?

うーーーん……難しい。すぐには思い浮かばないですね(;´Д`A

難しいからこそ、やってみる価値はあると思うのです。

このステッカーは私が思うに「子ども向けではなく、お母さん自身がテンション上げるためのデザインではなかろうか?」と。

どうせなら、素人がなかなか考えの及ばないところまで考え抜いてから商品化してくれたら、と思います。


ウオールステッカーはまだわが家では使えそうにないですが、「もくひょうカード」のデザインは参考になります。

最近、うちも「おてつだいカード」を始めてみました。

わが家では何かひとつ、お手伝いやハミガキができた時に、シールを選んでもらい貼っていますが、

このOURHOMEシリーズのような大きなサイズでは、飽きっぽい彼の情熱が続きそうになかったので、

100円ショップに売ってある小さめのカードに、シールを5〜6回貼れば完成するカードを作りました。
20160515103251475.jpg

最初は真面目に色つけしましたが、ものすごいペースで使い切ってしまうので、

結局えんぴつ一本で思いついたままにさらさら書いています。

毎回カードを描くのが手間ではありますが、手書きだと息子のテンションの上がり方が違うし、

何より自分の絵の練習にもなる。

ん?結局プロのアイディアをタダでしれっと使わせてもらってるだけじゃないか。

ケチな消費者です、ごめんなさい(´・Д・)」

息子には花の水やりや洗濯物を干してもらったり、たまごを割るのを手伝ってもらったり、できそうなことはお願いするようにしています。

いただいたパンフレットにも書いてありましたが、

4歳すぎると「自分でやりたい気持ち」が大きくなってきて、下手に子ども扱いしたら怒られます…(-"-;)

かと言っても、飽きっぽくて心の折れやすい人でもあるので、うまーいことおだてる日々です。

3歳と4歳の差って、すごく大きいなと感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2016/05/14

4歳児の洋服の収納を考える

こんにちは、こひつじです。

ひーさーしーぶーりのー、片付けネタ〜\(‘∀’)/

息子も保育園年中組になったことだし、ぼちぼち…いや、もっとざっくりでいいや!

いつの日か自分で自分の洋服が整理できるかっこいい年中組さんになってもらいたい。

今すぐじゃなくてもいいんです…そのうち、そのうち…(しつこいな)

というわけで、息子さんの洋服収納を変えました!


テーマは「保育園の収納になるべく似せる」こと


最近はお片づけブーム真っ最中。親子向けの片付け指南本もかなり増えてきましたね!

うちの子の洋服スペースは押入れに設けているのですが、大人は押入れの上段に、

息子は小さいので下段にスペースを確保しています。

これまでは、押入れの奥行に合わせた深い衣装ケースを2段重ねて置いていました。

が、奥行がありすぎなんですよね、子どもには重たくて使いづらく、

洋服を出そうとして、勢い余って息子がよくひっくり返っていました。
201605141015002f7.jpg

あちゃー…(~_~;)

それで、今回お手本にさせていただいたのが、保育園の収納。

作り付けの棚にかごを置いただけのシンプル収納です。

保育園は進級すると収納の場所が変わるそうで、みんな最初は戸惑っていたそうなのですが、

ある日息子は先生に「この収納は、こうした方が使いやすいと思うよ」と提案して、

彼一人だけ他の子とちょっと違ったレイアウトになっています。

他の年中組の子は、衣類のかごを棚の上に置いていますが、
201605140939369b6.jpg

息子は下に置いて、さらにフックを下から差し込んでリュックもぶら下げられるようにしたかったとか。
20160514104716ef3.jpg

なかなか効率的な収納だと思います。

実は衣類とリュック置き場は別々に設けてありまして(保護者の方がそれぞれ作って下さいました)

息子はそれに異論を唱えたわけです。

息子の訴えに「ここでのやり方にあなたが慣れなさい」と矯正させず、

「じゃあ、たーくんはどんな風にしたらいいと思う?」と彼の考えを聞き取って、

彼の思う通りの案を受け入れてくれている先生も立派だと思います。

4歳とは言えど、収納に関して自分なりの意見があるんですね!

お主、なかなかやるな…

朝、保育園に登園したら、先生が「たーくん、収納の時間よっ!いっしょにやろうよ!」と誘っては

自分の収納スペースに洋服とリュックをしまっています。

家でもその流れを作りたいねぇ…まだ難しいけれど(-"-;)


そんなやりとりがあったと聞いていたので、家でもなるべく似せようと思いまして、

引き出しを動かさなくても、一目で中身が見えること。

をテーマにしました。中身が見えなくなると息子さんは管理が難しいようです。

以前の衣装ケースには、シャツやトレーナーなどの絵を描いて貼っていましたが、さっぱり効果がありませんでした。

引き出し収納は、今の彼は向いていないらしい。少々見た目はアレですが、中身がダイレクトに見える方がいい。

で、ホームセンターで安いカラーボックスとぴったりサイズのかご、それとキャスターを買って来ました。

組み立ての際は息子さんに付き合ってもらい、完成\(‘∀’)/

こちらです↓カラーボックスって、万能だなぁ。
201605140919083b9.jpg

高さはあえて低めのもので、中に仕切りがついたものを買いました。
201605140919106c5.jpg

このカラーボックスを入れたら、当然奥の方のスペースが余るので、奥には蓋つきの透明ボックスを買って、

圧縮袋に入れた息子の冬物衣類を入れています。
20160514091912756.jpg

かごが余ってしまったので、とりあえず腹巻きなどをいれつつ、使い道を考え中です。

夏の方が腹巻き必須だと思うのですよ、お腹出して寝ちゃうから。
2016051409191185f.jpg

カラーボックスを見せて、息子さんに「これからは着るものを自分で選んでね」と伝えています。

洗濯が済んでたたんだ洋服をしまってもらったり、保育園で着る洋服の支度もたまーにですがやってもらっています。

新しい収納、良さそうな感じです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
しかしですね、ひとつだけ欠点をあげるならば…

カラーボックスから漂う接着剤のにおいが苦手なんです(;´Д`A

こひつじは、木工用ボンドなどの接着剤のにおいが苦手でして、このカラーボックスもなんか気になる。

先月末から置いているのにまだ消えない!ホームセンターの安い商品だからなのか?!

このにおいがなくなったら、もっと快適です。どうやったら消えるんだろうか…(-"-;)
2016/02/23

ちょっとだけ、改造しました

こんにちは、こひつじです。

自宅近くのコンビニにゴミ袋を買いに出かけ、うっかり立ち読みをしてしまう私。

…はっ、いかん!!早く帰らないと!

と思いつつも、何気なくみた雑誌に

「100均で売っているワイヤーメッシュを使えば、延長ケーブルをすっきり片付けられる!」

と書いてあったのを読んで、ひらめきました。

それを実行したいところがあるあるあるっーーーε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

それはガスコンロの足元。

わが家の台所はガスコンロの近くに電源があり、そこから延長ケーブルをはわせ、

炊飯器や電子レンジにつないでいます。

フローリングの掃除をするとき、いつも邪魔で仕方なくてどうにかならぬものか?

と真剣に思い始めた、このタイミングでのこの立ち読み。

改造する前はこんな感じになっておりました。なんと、不衛生極まりない。

見苦しいものをお見せしてすみません。
20160222212343422.jpg

早速100均で材料を買ってきましたよっと♪
20160222212703456.jpg
(何かに使えるかと思い、リボンも出してもみたけれど、結局活躍の場がなかった)

そんでは取り付けてみますか…と重い腰を上げようとしたら、


「はい、こうたーい

振り返ると、夫さんがインパクトドライバとドリルセットを持って立っている…( ゚д゚)ポカーン

「そういうのは俺が得意だから、こひつじは別のことやってて~♪」

えっ?えっ??

それからしばらくして、「できたー!」というので、見てみたら、
20160222212347d81.jpg
(西日が逆光になってしまうので、夜撮りました)



夫さん、文句なし。カ・ン・ペ・キ・です★

延長ケーブルと、ガス警報器がセットになりました!!

夫さん、タイルに穴を開けて、ねじでガッチリ固定。

そこまでやるのかYO☆Σ(・д・lllノノ 

それにしても、この方法を考えた人は、偉いなぁ…うんうん。

って、ネタを利用させてもらっておきながら、立ち読みで済ませてゴメンよ!と思っていたのですが、

その雑誌、夫さんがちゃーんとお買い上げしていました。

夫さんも、偉いわーと思った出来事でした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2016/01/12

これ、もらっちゃっていいんですか?!

こんにちは、こひつじです。

みなさま連休はいかがお過ごしでしたか?

私は胃腸炎を患った夫さんの看病疲れか、日曜日に力尽きてほぼ一日横になっていました。

夫は熱がぶり返すこともなく、3日間かけてお腹の調子が元に戻りました。

力尽きたこひつじはお布団の中で考えました。

夫婦の片方がご飯食べられないとなると、おのずとご飯は手抜きになります。

手抜きをした結果、栄養が偏ってしまい、今日の私の身体は力が入らないのではないか?

うーん…反省です(;´Д`A根菜類が圧倒的に不足していた感じがします、身体の芯が寒いと感じていました。

ご飯をバランスよく食べるって、大事ですね。


月曜日は体調が戻ったので、直方のびっくり市へ出かけてみました。

前回行ったのは日曜日の夕方で、お目当てだった食堂のビビンバ(わかめスープもついて500円。安い)が

タッチの差でオーダーストップしてしまい、その日は半泣きで帰りました。

今日こそは!と出かけてみたら、

人が多くて席が空いていない、空きそうにすらない。

食堂は、よくあるフードコートと同じで、空いている席に座って食べるセルフ方式です。

しぶしぶ買い物を済ませてから食堂に戻りました。

それでも空いていない( ´д`ll)

しばらく待ってからなんとか空いた席を見つけ、無事座れましたが、

いざ食券を購入してビビンバをと頼むと、

「30分待ちですが、よろしいですか?」

なんだってーーー!!!(´༎ຶ۝༎ຶ)

普段ならビビンバは注文するとすぐ出してもらえるのですが、

この日は初売りの最終日、いつもより多くのお客さんで賑わっていました。

爆発しそうな胃を、魚屋さんのお寿司バイキングでなだめながら(ちなみにお寿司1個税込43円。安い!)



待ちました、およそ30分…去年から待ち焦がれていたビビンバはおいしく胃の中に収まりました。



その後も八百屋さん界隈をうろうろしていたのですが、

たまたま八百屋さんのバックヤード付近で、

店のおばちゃんとおぼしき人が何かしているのが目に入りました。

ダンボールに「どうぞご自由にお持ちください」と書いた札をそっと置いているところでした。

何を持ち帰っていいんだろう?と見てみると、

大きな木の箱でした。

そういえば、テレビで今でも東北のりんごは木箱に入れて競りにかけるんだ、とこないだ見たなぁ。

りんごを運ぶ専用の木箱を作る会社ってのがあるって、いっていたなぁ。

もしかして、その木の箱がこれなんじゃあないか?

それにしてもこの箱、息子のおもちゃ入れるのにピッタリサイズ(๑°ㅁ°๑)‼✧

最近、玄関先で「左官職人ごっこ」や「システムキッチンを作る職人さんごっこ」と称し、

自宅の周辺にいろんなおもちゃが散らかっているのです。

八百屋のおばちゃんに聞いてみました。

「この箱、本当に持って行っていいんですか⁈」

「いいよー、処分に困るんでお客さんに持って行ってもらってるんよー、

道具入れにもなるし、ひっくり返すとイスにもなるよ!」

そんな訳で、赤村でのワンカップに引き続き、タダで木箱をいただきました‼︎

早速持ち帰って息子さんに使ってもらったら、いつの間にか

「冷蔵庫ができた‼︎」
201601112015235fb.jpg
えっ……?これ、冷蔵庫か…?

結局バーチャルリアリティなキッチンの材料にされてしまいました( ´д`ll)

息子の発想力は、こひつじの脳みそよりもはるか上だった…^^;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
ホームセンターにこんな感じの箱が売ってあったのを見て、ちょっと欲しいけれど、

おしゃれ雑貨扱いされて1500〜2000円くらいしたような気がします。

なかなか買う勇気が出ないでいたところのこの木箱。助かります!

箱はそのうち息子とペンキを塗って、かわいくしてあげたいです♪

こんな思いもよらない出会いがあるので、びっくり市通いがやめられない…

巷のショッピングモールにはない、温かい雰囲気がします。

それではまたー\(‘∀’)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。