2015/12/30

片頭痛治療のその後。

こんにちは、大家の嫁です。

今月すぎ、片頭痛で、薬を処方していただきました。詳しくはこちらの記事をどうぞ→

それが、なんと…2週間で使い終わりました!

なんぼなんでも早すぎるやろ!!

しかし、なくなってしまったものは仕方ない、再びお医者さんのもとへ行きました。


私:「せんせー、イミグランなくなりました(泣)」

先生:「そっかー、ちょっと間隔が短いから、予防薬を飲んでもらおっか。

ミグシスっていう錠剤なんだけど、朝と夕食後に1錠ずつ、最低2週間飲んだら効きはじめるよー」

先生:「嫁さんは、特定のものを食べて頭痛になるっていうことはない?」

私:「うーん…ないですねぇ」

先生:「アイスクリームなんかは有名だけど、中華料理も頭痛起こしやすいというから、気をつけてね」


中華料理?!


中華料理店の料理には「味の素」が多量に入っていて、

味の素の主成分は人によっては頭痛を起こしやすいことがあるそうです。

わたくし、初耳でした。

前回病院に初めて受診したときに、「大家の嫁さんはこれから頭痛について、少し勉強しないといけないね」

と先生に言われたのですが、診察に訪れるたびに先生は小出しに”頭痛豆知識”を授けてくださるようです。

何だかRPGをプレイしているような気分になってきた嫁、

先生が賢者か村の長老か何かに見えてきます。


他にも、「寝すぎはかえってよくない」との指摘がありました。

寝ている間というのは、当然食べ物を口にしないから、血糖値が下がるわけで、

この低血糖状態が片頭痛には大敵だとかΣ(゚д゚) エッ!?

なので、翌日頭痛がきそうだなと思ったら、

寝る前にちょこっとだけ何かご飯を食して寝るなどの対策をとるといいようです。

先生:「でも、太らない程度にね★」

ええ、まさしくおっしゃるとおりです…^^;


それと私は頭痛に吐き気を伴うことがあるので、そんな時は「酔い止めの薬」を飲むといいよ。とのこと。

確かに、これは効き目ありました。

アドバイスを受けた後、乗り物酔いの薬を買っておいて、いつでも飲めるようにスタンバイしていましたが、

これは効きました!(注:あくまでも個人の感想です)

頭痛薬を飲んでも消えない不快な症状が、酔い止めの薬でよくなりました。


やはり専門家に相談してみるものです。


じゃあ、予防薬として出されたミグシスはどうなのよ?ということで、そろそろ飲んでみて2週間程度経ちますが、

服用直後で、お天気の悪い日は頭痛に悩まされました。

しかし、ここ数日お天気がいいのもあるのか、イミグランの出番なし!

実は病院に行く前に、頭痛のエキスパートである夫さんより

「そろそろミグシスをおすすめされそうやねー

と予言を受けておりました。

何度も病院に通っている、まさに頭痛の”パイセン(=先輩)”

夫さん、あなたの言うとおりでした。ミグシス出ましたよ。

私の片頭痛は難易度が低かったのか、ミグシスとイミグランと酔い止め薬でかなり楽にクリアできるようになりましたが、

夫さんは数年に一度起こる群発頭痛なので、難易度が高く、未だクリアできないようです。

発作期は痛くて全く眠れない→睡眠不足でノイローゼ、抑うつ傾向になるそうです。

うわぁ……痛くて寝れないというのは、地味にMPを消費します。

…そうか、片頭痛はRPGのダンジョンの一種だったのか!!(違)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ラストはアホな終わり方をしましたが、

頭痛も甘く見ていると、日常生活に支障をきたすことがありますので、

お困りの方はぜひともお医者さんに相談だ♪

では、年内にあと何回更新できるか分かりませんが、また次回!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。