2017/03/31

お引越ししたら住所変更を忘れずに

こんにちは、こひつじです。

今日は年度末。それにあわせてお引越しされた方も多いかと思います。

今週は外に出かけるとあちこちで引越しやさんのトラックを見ました。

お引越しされた後、住所変更の手続きはなるべく早めにお願いしたいです。

わが家が管理するお部屋でも、退去後の掃除に行った時に、クロネコさんの不在連絡票が入っていました。
20170331100234dfb.jpg
(画像は公式サイトよりお借りしております)

2月中旬に退去されたのですが、配達日付は3月19日でした。

・・・・・・。これはどうしたものか。

新しいお引越し先に荷物が届いていない可能性があるなと思ったので、

不在連絡票を持ち帰り、お届け先である退去された方へ伝票番号を伝え、

クロネコヤマトさんへ問い合わせをお願いしました。


すごく地味な仕事ですが、これも大家業のアフターサービスの一環です。

新しい住所への変更が済んでいないと、前の貸家の大家さんもしくは管理会社さん、

運送会社さんへもご迷惑となってしまいますので、(再配達が多いと問題となっていますよね?)

お引越ししたら住所の変更を、よろしくお願いいたします!!

退去した後のお部屋は隅々まで掃除をして、次のご入居を迎えるのみとなりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/03/27

アパート水浸し!漏水してました

こんにちは、こひつじです。

ご存知かと思いますが、不動産業は春が一番忙しいです。

毎週末何かしらの用件で夫の携帯に電話がかかってきます。

空いている部屋を見せて欲しい、

新しくご入居が決まったお部屋の契約書類を作っていただいている、不動産会社さんとのやりとり、

といったものが中心ですが、先日夫の親戚がオーナーであるアパートにお住まいの方より

「台所の排水口が詰まるので、見てもらえませんか?」

と連絡がありました。

早速業者さんに連絡を取り、清掃を依頼し、代金の請求書を郵送で受け取った翌日。

同じアパートの別のお部屋の方から電話がかかってきました。

「管理人さん、玄関の天井あたりからから水が漏れてくるんです!

こんなの初めてで…!ちょっと見てもらえませんか?」

先日工事をしたお部屋は3階で、玄関の天井あたりから水もれしているとおっしゃった方のお部屋は

その真下、1階にお住まいなのです!


ま、まさか……


3階の台所の排水口の清掃の時に、作業員さんが管を傷つけてしまって1階にまで漏水した……???

最悪の事態がわれわれ夫婦の頭をよぎりました。

夫がアパートに行って見たところ、

確かに1階の玄関で水もれを確認し、

2階のお部屋(ただいま空室)を見てみたら、脱衣所の壁紙が湿気でベロリと剥がれてしまっていました。


うひゃー!!


3階のお部屋の方がその日たまたまご在宅だったので、中に入れていただき、

台所の排水口を掃除していただいた作業員さんと共に、原因を調べて回りました。

工事の不手際での漏水だった場合、業者さんへ弁償してもらうことになり、

業者さんが仮に拒否した場合、大きなトラブルへ発展しかねないのです。


調べた結果、3階のお部屋の洗濯バン(洗濯機の下に挟まっている白い板)が経年劣化で破損していて、

洗濯している時の排水が2階の脱衣所と1階の玄関へ伝わって水漏れになってしまったようです。


業者さんの不手際ではなかった!


しかし!壁紙が湿気で剥がれて使い物にならなくなったのは事実!

修理しないとお貸しできません……( ´д`ll)

こんな場合やはり大家側が修理しないといけないのか。

それと、日曜日に業者さんを呼び、なおかつ工事の不手際ではなかったので

もちろん追加で出張の請求書が来る?来る?と内心冷や汗。

(結局来ませんでした)

洗濯バンはこの業者さんは交換できないので、新たに大工さんに交換をお願いして…と。

お金が…お金が飛ぶ…!!

何ともとほほーなトラブルです(−_−;)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2017/03/10

詐欺かな?と思った話

こんにちは、こひつじです。

今日は先日起こったちょっとフシギな話です。

詐欺に遭ったのかと思いました


とある夕方、夫の携帯に不動産屋さんから電話がかかってきました。

「女性の方の声で、入居募集している第2××ビルのお部屋に間違って郵便物が投函されてしまった、と弊社に連絡がありまして、お部屋の鍵を開けて欲しいと言われたんです」

?????

アパートは昔ながらのドアに新聞受けがあるタイプです。

とりあえず夫が鍵を管理しているので、夫が現場に行ってみたところ、

部屋の前に若い女性がいて、部屋の鍵を開けてくれるのを待っていたそうです。

ドアを開けて不審な点がないか確認して、郵便物を女性に渡したら

「ありがとうございましたぁぁぁぁ!!」

と女性は逃げるようにして去って行ったそうです。

以上が事の顛末だったのですが、夫から聞いた私、


ナニソレ???( ゚д゚)


私、少し前に聞いたことのある

「アパートの空き部屋と鍵を使って、空き部屋に宅配便を送る詐欺行為」

かと不安に思っていたのですが、

どうやらごく普通に女性が住所を書き間違えたようです、事件性はありませんでした。


ただ、夫が

「○○×××さんっていう人だった」

とその女性の名前を教えてくれたのですが、


私、その女性の名前に聞き覚えがあるぞ??

以前、アパートの前で定期券を落としていたのを見つけ、

バス会社に連絡してあげたことのある学生さんだったのです。

今どきのたまにいるインパクト絶大の名前だったので、私の記憶の片隅に残っていました。

夫に「その子って、前にアパートの敷地に定期券落とした子じゃない?」と聞いてみたら、


夫はしばしの沈黙の後、


あーーーーー!!!!!あの時のバスの定期の子やわーーーーー!!!!!


絶叫していました(思い出したらしい)

バスの定期を落とした際もバス会社の人の車に乗せてもらっていたし、

今回は入居者募集の看板に載っていたと不動産屋さんに電話するという機転を見せることができるのに、

この子は根本的におっちょこちょい…なのか…?

見たところ高校生かと思うのですが、なぜ住所を書き間違えたのかも謎ですし、

他にもいろいろやらかしているんだろうなー、

将来大丈夫か?と思ったこひつじでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2017/03/08

ミラクルが起こっている(その2)

こんにちは、こひつじです。

前回は息子にミラクルが起こっている話でしたが、今回は本業の話です。


この時期やってくる悲しい知らせ…そう、退去通知!


われわれ2年前の夏に福岡近郊の物件(小さな戸建て4戸)を購入したのですが、

その中のお一人から一月に、「2月中旬で退去したい」とのお申し出を受けました。

ガーーーーーーン((((;゚Д゚)))))))

ご家族のお仕事の関係でお引越しされるそうです。うーん、残念…

退去の後、夫婦二人で掃除に行きました。

遠方なので、管理会社さんのお世話になりつつ、かんたんな修理などは家主が直接出向いています。

古くて小さな戸建てなので、お家賃が安く、業者さんへ掃除をお願いする予算すら…

えっと……そこは……

お察し…ください…(;´Д`A


弱小大家さんって、こんな感じです。

「大家業で不労所得★」と言っている人が私は信用できません。

夫と二人で軽トラに乗り、ホームセンターで掃除道具を買って来て、ひたすら掃除。

ペットを飼っておられたので、隅にけっこう毛が溜まっていました。

キッチンはグラインダーで夫が磨き上げ、排水口のゴミ受けは新しいものに取替え、

換気扇もマジックリンで掃除!新品に限りなく近いところまで磨き上げました!

押入れの扉が外れかかっていたのでちょうつがいの金具を交換、ふすまの破れたところは補修し

たたみの表替えだけ業者さんのお世話になることにしました

(たたみは自前では交換できません)


そんな中、ちょうど管理会社さんが内覧に来ましたとお客様と一緒に来られ、

家の中を見ていただき、気に入っていただき


「うん、ここにします」


即、お申し込みをいただきました\(‘∀’)/

退去から2週間経たない内にあっさり次のご入居が決定!

私、その日は自宅で仕事していて、夫から連絡を受けて度肝を抜かれました。

今までこんなに早くご入居が決まったことがなくって…うっうっ(泣いてる)




今回は運良く早くご入居が決まりましたが、

①家賃設定
②家を丁寧に手入れすること

がポイントだと感じました。

お家賃は近隣のアパートよりも少々安めに設定し、駐車場が要る場合はプラス料金でお願いしました。

遠慮なく物件の周辺事情に詳しい方に聞くのも大事だなと思います。

前回はこのお値段で住んでもらっていたから今回も同じでいいや、ではなく

客観的に見てどうなのか?

値段を決めるって難しい。家賃も難しいです。

また、家の手入れはなるべく自分でやりたいところです。

自分でやってみて初めて気づくことってあります。

退去は悲しいですが、次のご入居に向けて知恵と努力の見せ所。

こんな流れを経て次のご入居が決まると最高の気分になります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
自宅でゴ○○リを見たら「ひゃー‼︎」となるのですが、

仕事で掃除中に見つけても「無」の状態になっているので、粛々と片付けています。

自分でも不思議です。
2016/09/21

大家業やってきて一番の危機かもしれない話(その4)

こんにちは、こひつじです。

連載も早いもので4回目、おつきあいいただいてありがとうございます!!

過去記事はこちらをご覧下さいませ↓

大家業やってきて一番の危機かもしれない話(その1)

大家業やってきて一番の危機かもしれない話(その2)

大家業やってきて一番の危機かもしれない話(その3)

今回で連載をいったん終わらせたいと思います。

それでは続きをどうぞ!


娘さんの反応はないけれど


前回、連絡先の分からない娘さんの住民票を取り、請求書を送りました。

6月から滞納しており、6~8月分の家賃を請求しました。

(注:この時はまだ8月で退去するつもりと繰り返すので、8月分の家賃までを請求しました)

数日後、家主から夫に電話がかかってきました。

「今から田中(仮名)が家賃を払いに来るって。あんたも立ち会って」


家賃を、今から、払いにくる、だと…?!


すぐ家主の家へ向かい、しばらくして戻った夫に話を聞くと

「娘さんじゃなくて、ゴミ屋敷の主が家賃を持ってきた。

ただね…3ヶ月分請求したのに、持ってきたの2ヶ月分なんだよね」


に、2ヶ月分かーい!!

っていうか、

なんで生活保護申請した人がいきなり124000円も持ってこれるんですかね…?

と突っ込みたいのをぐっとこらえましたが。


しかしその後は何の進展もなく、

もう一度娘さんへ8~9月分の家賃の請求書と内容証明郵便を送りました。

これにも全くの無反応!!(内容証明郵便まで送っても無反応って、ものすごく強いハートを持っているなと思う)

仕方ないので、連帯保証人である他県に住む娘さんの実のお父さんへ請求書と、

これまでのいきさつを書いたお手紙をつけて送りました。

契約者である娘さんと連絡が取れず、大家側は大変困っております…

契約者とは連絡が取れず、

住んでいる人間は会うたびに違うことを言うので信用ならず、お金も払う意思はなく、

生活保護を受けながら、家にゴミを溜めつつ住み続けるつもりです。

居住者が生活保護を受けていても契約者が違うために、市からの家賃の代理支払いもうけられない。


これってさ、正直者は損をするってある意味王道パターンやん?!


ええ、今回の件は大家側が完全に泣き寝入りをせざるを得ないな、とは思っています。

ですが、できるだけのことはしたいのです。(半分意地が混じっています)

ゴミ屋敷の主は、家の敷地ギリギリにまでゴミを溜め込み、それだけでは満足しないようで、

近隣のアパートや公共施設など、ご近所にもゴミを置いて回っているんです。

ゴミは退去したいといいつつも、増え続けており、周りもとにかく迷惑しています。

一日も早く、出て行ってどこかへ行って欲しいのです。


また進展がありましたら、続きを書きたいと思います。

長い連載で、しかもややこしい話におつきあいいただきまして、ありがとうございました…!!

みなさまも、ウソをつく人に振り回されないように、くれぐれもご注意をっ!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。