2016/10/31

療育、やめました。

こんにちは、こひつじです。

今回は前から書きたかった、息子の療育の話をしたいと思います。

タイトルの通り、療育施設に通うのを辞めました。

どうして辞めたのかまとめてみました。


思っていた療育と全く違った!!


1月に短期通園(月2回、短時間の通園)の申し込みをして、

4月から7月まで施設に通いました。

時間までに集合して、子どもは教室の空いている席に座り、大人は教室の端か廊下で主に見学です。

名前の点呼から始まり、絵本の読み聞かせ、今日やることの説明をして、

運動できるお部屋に移動して遊んだり、教室に戻ってお絵描きなどをさせてもらいました。

ただ、回を重ねる毎にだんだん苦痛になってきました(親が)

園の教育方針と家の教育方針があっていませんでした。

通った療育施設は教育メインな幼稚園の延長線上のような方針でして、

遊びメインで身体を動かすのに重点を置く方針であるうちの息子の保育園とは間逆でした。

回を重ねるごとに、全くやったことのない「ひらがなを用いたパズル」なんかもやっていまして、

ひらがなを教えるのはもう少し先でいいと思っていたわれわれ夫婦、とまどいを覚えました。

申し込み受付まであまり時間がなかったので、あせって申し込み、通園をしてしまい

事前の情報収集ができていませんでした。

私、たくさん友達を作れないタイプで、近所にママ友がいないんです…ははは(;´Д`)

結局、療育施設は辞めましたが、療育センターの心理士の先生の下へ

月一度通って、近況を話しています。

幼稚園、保育園にもありますが、療育施設も「あう or あわない」相性が存在します。

方針が合わないなら、さくっと変更して他を探したほうがいいです。

それと、もしも当ブログで不快な思いをしたという方がおられましたら、お詫びしておきます。

今回の話は個人の経験談です。

ブログ村のカテゴリとも全く違う話で失礼しました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/10/26

なんで教えてくれないんですかね?

こんにちは、こひつじです。

先日、朝たまたまテレビで「親のお金をめぐるトラブル」というのを見ていて、ふと疑問に思ったことがあるんです。

(※今日は少しマジメなお話です)


どうして、お金にまつわる話はタブーなんだろう?

親子間で話し合ってはいけないんだろうか?



しばらく考えたのですが、考えてみればそもそも、われわれは



お金のことを学校で全く教わっていないんですよね!!!



私は二十歳で短大を出てそのまま就職したのですが、年末になって年末調整の用紙を配られて、

何この紙?と思って職場の先輩に聞きました。

これが自分が初めてぶつかったお金の疑問でした。

年末調整という言葉も知らないまま、いきなり社会に出て面食らったのです。

学校で何も教わらないまま、学校を卒業したら税金のこと知ってて当たり前。のようにふるまえって…

むちゃくちゃじゃないですか!!!


どうして学校では確定申告の仕方を教えないのでしょうか?


社会に出たらみんながサラリーマンになるという前提で、話が進んでいる感じが否めません。

(つまり、納税手続きを会社の事務員さんに丸投げして、自分ではやらない)

最近じゃ副業をOKにするかどうか?なんて話も一部ではあるのにな…

確定申告の知識、要るんじゃないですかね?!

知りたがり屋のこひつじ。

この疑問をまずは夫に話してみたのですが、物知りな彼によると、

「江戸時代は中国から儒教の教え(お金儲けは卑しいことだと考える)が伝わったのと、

”士農工商”と身分が分かれてて、商業というのは一番身分が低い。

商業=お金を扱うのは身分の低いもののやること。

しかも、江戸時代というのは終わってからまだ150年くらいしか経っていないわけで、

その頃の考え方は未だ、特に高齢の人を中心にしっかり根付いているのでは?

今のじいちゃんくらいの人達のじいちゃんばあちゃんはたぶん江戸末期に生きていた人達だから」

との指摘を受けました。


しかしですね、2014年にNISAが導入されたり、来年1月から個人型の確定拠出年金が販売開始だったりと、

自分のお金は自分で運用してね!という風に国が主導しています。

今まではタブーでも良かったかもしれませんが、

これからはお金のことを口にするのなんてタブー!なんて言ってはいられない。

私は新しい考え方を取り入れていかないと、今から生き残っていけないんだろうなと思っているのですが

考え方が正反対であろう、高齢の家族にお金のことを聞くのは、難しいですね…

何かあったときのお金と家の話は、まだしたことがありません。


学校でも英語とかプログラミングが必修とはなっているものの、

お金のことについての教育を学校でやるのは、まだずっと先、

もしくはうやむやになって結局取り上げられないままかもしれません。

何せ教育方針を決める人達が、お金の教育を受けないまま育ってしまった世代です。

そもそも概念が頭にないのです…

個人的には英語は大事だと思うけれど、プログラミングよりもお金の教育の方の優先順位を高くした方がいいと思っている派です。

私は、息子がもう少し大きくなったらお金のことをきちんと教えたいと思っていまして、

そのためにはまずは自分が勉強しておきたいね~(*´ω`*)と思っているのであります。

だがしかし!!

こひつじは”アホ”なので、なかなか理解が進まないのが現状です…
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

2016/10/24

一番の試練、運動会でした

こんにちは、こひつじです。

先週土曜日は、息子の保育園の運動会でした。

運動会というと、たいていの方はわくわくイベントかと思うのですが、

うちにとっての運動会はまさに「苦行」

なぜかというと、息子が極度のあがり症で、イベントの度に逃走したり泣き叫んだり…

一筋縄ではいかない訳です(;´Д`)

ちなみに、

保育園の運動会は小学校の体育館を借りて行うので、全天候OK!

午前中で全競技が終わるので、お弁当作りに悩む必要もなし!

というとても良心的なところに私はすごく助けられています。


練習はきちんと参加できるんだけれど、本番に弱いらしい


去年の運動会は、入場行進から既に拒否、保護者席でうずくまり、

パッと飛び出したかと思うと、遠く離れた他のお母さんの膝の上に座ってまったりしてたという…

私、真っ青になりました!!(笑って許してくださいましたが)

それで心に決めたモットーは「平常心」です。

「もうすぐ運動会だね~」なんて意識させる言葉はかけませんでした。

そもそも私にとっても「苦行」なので運動会の存在を忘れていまして…(正直、ほぼ黒歴史になっている)

前日になって、

「あ、明日運動会やった…!」

と思い出したくらいです。


いよいよ運動会当日。

早めに会場に着いて、喜んで遊びまわり、体育館に慣れたところで運動会開始の時間。

多少イヤイヤ言っていたようですが、先生に手をひかれながら入場行進していました(゚д゚)!

その後も緊張のあまり先生の服を激しくひっぱったり、先生を足で蹴ってはいたものの(見ていて冷や汗が出た)

ありがたいことに、彼の隣には必ず先生が交代でついていてくださっていて、

保護者席に走ってくることは今年は一度もありませんでした。

全競技のうち、最後のリレーや綱引きは集中力が切れたようで参加しませんでしたが、

他のクラスの借り物競争のお手伝いをしたり、障害物競走に参加し、しっかり完走。

閉会式の後に全員で写真撮影をするのですが、今までは全力で拒否していました。

いつもならすんなり写真に写るくせに、集合写真をなぜここまでいやがるのかは謎のままです。

が、なだめて抱っこしてどうにか写ることができました!


はー…

終わった…何とか運動会、終わった…ゼェゼェ。

終わった後は私が疲れ切って家で寝てました。げっそり(ヽ'ω`)

なぜか本人よりも親のほうが疲れている!

参加が難しいのはある程度わかってはいるものの、自分の理解がなかなか追いつかない!

結局は私自身も「イベントに弱い」わけですね…


去年と比べて変わったところ


息子5歳の運動会、去年と比べて変わったところがいくつかありました。

①保護者席に飛び込んでこなかったこと
②一部とはいえ、競技をやりとげたこと
③家に帰った後「楽しかった」と言ったこと!

③の「運動会、楽しかった」と息子が言っていたのが衝撃でした!!!

思わず彼を二度見したくらいです。

私には運動会の間、嫌がっているように見えたのですが、どうやら緊張と戦っていただけのようなのです。

正直、意外でした。

自分の気持ちをきちんと言ってくれることって、すごくありがたいですね!!!

保育園でも家でも「自分の気持ちをきちんと伝えられること」を一番に考えておりまして。

大きくなればなる程、ホンネってうまく言えないですから。

今月初めにあった地域のおまつりも、運動会にも共通するのが

「大人が大勢いる環境が苦手で、必要以上に緊張する」

ということ。

人の何倍も慣れるのに時間がかかるタイプなんでしょうね。

それでも、少しずつ慣れていってもらえればと思います。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
イベントごとはお腹いっぱい、しばらくは遠慮したい…これが私のホンネです。
2016/10/13

アーモンドでアレルギー?

こんにちは、こひつじです。

しばらく週一度の更新になりそうです。

最近急に寒くなりましたね…

今週は私が風邪を引き、それが息子に移ったのか、

昨日のお昼の話。

急に保育園からお呼び出しコールがかかってきました。

「熱が39.5℃あるので、迎えに来てくださーい」

えええーーー!!!朝は元気だったのにーーー(子どもあるある)

お昼ご飯を食べ終えたところで保育園へ迎えに行き、午後一番の耳鼻科の診察へ行き、

帰って来て息子が「お腹すいた」というので、数日前に買っていたアーモンドをあげたのです。


ところが、夕方5時くらいから猛烈な腹痛を彼は感じたようで、

日ごろ滅多に泣かない彼が大泣き!!

お布団に横になって、お腹の痛みをこらえ、じっとだまっているのです。

うちの息子はとにかくおしゃべりな子どもで、おきている間は食事以外ほとんどずっとしゃべっているのですが

さすがに今日は痛いらしく、ひとことも発さずじっと痛みをこらえているのです。

実は日曜日にも同じような腹痛を訴え、何度もトイレに行き、一時間半ほどかけて

固いウ○チ→下痢を数回

出してすっきり。その後は何事もなかったかのごとく、全快になっていました。

今回も同じ感じなので、トイレに行って出してしまえば治るよ!と励ましていたのですが、

「おかーさん…もしかして、アーモンドがいけなかったんじゃないかなぁ?」

と息子に言われ、ためしに手持ちの抗アレルギー剤を飲ませてみました。

しばらくすると…また元通りしゃべるしゃべる!!

アレルギー、だったんでしょうか?!


油断していてどれだけ食べたのかをはっきり見ていないのですが、それなりの量を食べたようで、

消化不良を起こしてしまった可能性もあります。

確かに昔私が勤めていた職場で、「私、アーモンドアレルギーなんで食べられないんです」

という人がひとりいました。

アーモンドでアレルギー出るの?!とその場にいた全員を驚かせたのですが、

息子の体調が落ち着いた後でネットで軽く調べてみると、あるんですねー…

いつもお世話になっているアレルギー専門科でも小麦やエビなどの甲殻類と、卵、

念のためとのことでカシューナッツのアレルギー反応を血液検査で調べていますが、

アーモンドは大丈夫だろうと思っていて、たまーに食べておりましたし、先生にも大丈夫です!

と伝えていました。

今回おなじような状況で二度も腹痛を起こしたので、次回アレルギー科の先生に相談しなくては。

ところが、息子の具合が悪くて義理の両親にアーモンドの話をしていなかったために、

今朝アーモンド入りの米粉クッキーをいただいてしまったぁ~~~(;・∀・)

(今まで大丈夫だったのになぁ)

われわれ夫婦がありがたくいただくことにします…
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
大人になって、初めてアレルギーを発症することもありますので、

みなさまもお気をつけくださーい!!
2016/10/07

手作りの竹ザルにうっとり

こんにちは、こひつじです。

先日、たまたま街に出たとき、佐賀県の嬉野から食器や日用品、家具などを売っている

期間限定の催事の前を通りかかって、思わず足を止めてしまいました。

竹細工のザルや、まな板、おひつ…

大・好・物、なんです!!

見ているだけでうっとり。なんででしょうね、大量生産ではない手仕事でできた日用品に惹かれてしまうのです。

私も手作りするの好きだから、かな?

そこで一番気になったのが、ザルでした。

100円で買ったザルが、イマイチなんですよね…繊維がささくれてて、刺さる。
20161020141409a80.jpg
まー、やっぱり100円なので、ね…(そこは察していただきたい)

ザルは細くちぎった竹をキレイに組み合わせてあり、丁寧なつくりになっています。
2016102014154744a.jpg

裏に返すと、脚がついているのが、ポイント高い。
20161020141550170.jpg

むはー、芸術品みたいですね!

80歳を超えるおじいさんがひとつひとつ手作りしているそうで、近頃はここまで細かく竹が編める人がいないんだとか。

販売員のおばちゃんが

「食洗機も使えますし、お手入れが楽ですよ!裏に足がついているので、シンクに入れて使うのに便利よ~」

というのに惹かれて、ひとつ買ってみることにしました。

少々お値段は張りましたが(2300円でした…デパートよりは良心的)

切った野菜を盛るのに大活躍!

シンクに直に置いても大丈夫なように、脚がついているって、なんてスバラシイつくりなの?!

ザルを買うときに、販売員さんの話を聞いて同じくうっとりしていたお客さんがもう一人いたのですが、

「いいわよね~、朝ドラ見ていいなって思ってたのよ~!こういうのって、一生ものよねっ!」

と私に言いながらザルを買っていっていました。


私自身は、去年片付け祭りをして「一生使い続けるものって、そんなにないのかもしれない」

と思っています。洋服も日用品もパソコンも車も結局はそのうち買い換える羽目になるから。

5年使えれば、御の字かな、と。

昔と違って、ものが入れ替わるサイクルって、だんだん早くなっていっていると思います。

最近のものは何だか壊れやすい。(メーカー側が大量消費させたいんだろうな、きっと)

一生モノというと、ちょっと責任重大な感じがするので、近頃は

「日用品は10年持てばラッキー」

くらいの気持ちで使っています。

近頃、めったにお目にかかれない手仕事の品物に

「すぐには壊れないだろう、という安心感」を覚えるのかもしれませんね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2016/10/06

息子が急に成長して驚いています。

こんにちは、こひつじです。

台風18号が特に何事もなくすぎさり、ほっと一安心です。

保育園は臨時休園になったのですが、あまりにもヒマだったので、

午後からホームセンターに出かけて、家具を見て回ってました(息子が)

家具屋さん、大好きなんですよねぇ…2時間くらいいました。いい暇つぶしだったなぁ。

で、ですね。

近頃の息子さんの成長ぶりが目覚ましくて、記事にしてみたくなりました。

先月で5歳になったわけですが、まず気がついたこと。


息子の一人称が「たーくん」から「ぼく」に変わりつつあること。


脱・あかちゃん!って感じがします。

教えたことはないのですが、自然と覚えるんですねぇ…


そして、保育園へ登園するとき、着替えなど荷物の準備をしないといけないわけですが、

最近ひとりでできるようになりました。

これまで私が用意したり、息子が用意するのを手伝ったりしていましたが、

今月に入ってからは本人にほぼ丸投げ。

何かを忘れてても私は知らない。(忘れても、人に借りるなど、きっとどうにかしていると思う)

ただ、息子が保育園に行った後、部屋をふと見ると


嵐が過ぎ去ったかのごとく、洋服が散乱しています!!


うーーーん、惜しい。もうちょい指導が必要です。

世の中には早期教育が大事よ、ということで英語とかお勉強とかあれこれやる方もおられるとは思いますが、

私はそういった勉強は身の回りの生活習慣が確立してから!!

と断固決めていました。

勉強がいくらできても、英語がしゃべれても、身の回りの整理整頓ができないなんて、本末転倒です。

これからのご時勢、お母さんか奥さんに身の回りの整理をやってもらう、

そんなオトコはゼッタイ生き残れない!!

ひとりでも生きていける力をまずはつけて欲しいと思っています。


お友達に興味がなかった息子ですが


少し前まで、保育園のクラスメートにほとんど興味がないのか、家でも友達の話は全くありませんでした。

男の子って、家で外の出来事をあまり話さないタイプが多いらしいですものね!

(ところが、私の父はおしゃべり気質で、仕事の話などバンバン私にしてくるので、いまひとつピンと来ないでいます)

うちの子はその寡黙な人ってヤツなのか?!と思っていたら、

最近になって、今年度から新しく入園してきた男の子と気が合うらしいのです。

今日は○○くんと遊んだなど、ちょいちょい帰宅後の会話に出てくるようになりまして。

息子、ちょっと変わったかな…と気づき始めていました。

そんなとある夕方、スーパーで買い物をしていたら、バーゲンブックコーナーに息子がひっかかってしまいました。

あー、絵本でも見ているのかと思ったら、実用書コーナーでずっと同じ本を立ち読みしています。


見ると、きのこの図鑑。でした。


で、「おかーさん、これ欲しい!友達に見せたいの!」と何度も言うので、

勢いに押されて買ってしまいました。



友達とこの本を見たい、お散歩先の山の中にきのこがよく生えているので、

これを持っていって調べたい。と息子は申しておりまして…

少し前までは保育園で、自分勝手に遊ぶだけのくせに、

友達にはあれこれ自分のこだわりを押し付ける。

仕切り屋タイプだと思っていたのですが(書いてて息子最悪だなーと思った)

「友達のために」と言えるようになってくるなんて。

えらいぞ、えらいぞ息子!!


昨日はお風呂掃除にもチャレンジしました。

浴槽に入って、石けんをつけたスポンジを持たせて、ここをごしごしっとね!と指導。

一通り洗い終えて、ひとこと。


「おかーさん、排水口が臭いんやけどー!明日パイプフィニッシュ買ってきてよ!」


おっ…


おまえは…


小姑か!!!


とつっこんでやりたいのをぐっとこらえました。

それじゃーまるで、私が掃除サボっているみたいじゃないのよ!!(確かに最近ちょっとサボり気味だった。反省)

うちのお風呂、トラップがないので臭いが上がってくるんです。

で、今日他の用事をこなすがてら、洗剤買いに行ってきます。

お母さん暦まだ5年ですが、既に「背負った子に教えられ状態」と化しています。

ちょっと前までミルク飲んでた人なんですけどね。

もうすぐ七五三シーズンなので、スーツの試着をしたのですが、息子がすごくノリノリで

「ちちゃく(試着)、楽しいね!!」

といい間違え、子どもの部分もまだしっかり残っていると安心したこひつじでした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2016/10/03

海外生活コミックが熱い!

こんにちは、こひつじです。久しぶりの更新です。一応、生きています!!

前回までの記事が重たい話だったので、今日は久しぶりにコミックの話を。

たまたま広告で見て知ったのですが、何だか気になったので買ってみました。

フランスはとにっき!!



30歳目前!仕事なし!彼氏なし!そうだ、海外行ってみよう。

と、ワーキングホリデーで一年間フランスへ行った著者のフランスでの生活をマンガにしたものですが、

パリでのリアルな生活っぷりが伝わってきて、何度も読み返しました。

パリにたくさんいたので、ということで作者の自画像が「はと」なのですが、

ぼてっとしたはとの自画像がやけにカワイイぜ…!(ぽっちゃり好き)

オールカラーで、話のテンポがよくサクサクっと読めます。

コマ割りがうまく、大変読みやすいです。

掲載誌のホームページで、第一話と最新5話分が読めるようになっていますので、

気になった方はパソコンでアクセスして見て下さいませ!

(注:スマホ、タブレットからはコミックスは最初の1ページしか読めませんので、

パソコンでアクセスをオススメします)

毎週木曜日に最新話更新なので、木曜日はパソコンを起動させるのが楽しみです。

しかし、勢いでワーキングホリデーの資格を取って、フランス語を勉強して、渡航しているって…

英会話もできているようだし、…実はこの方、スキル高いよね。と思います。

あまりにもこの本がおもしろいので、うっかりカルディに走って行ってしまいました。



こひつじさん、どうせなら、フランス語覚えるとかさ、そういういい影響は受けないのですか(自問自答)

向上心ある影響は受け…ないですね!!

ヌテラ、家族でちょいちょい食べております。まさにザ・チョコレート。大変おいしいです。

もう一冊買ってみた。


フランスはとにっきがあまりにもよかったので、もう一冊海外生活コミックを買ってみました。



イギリスで働きつつ、映画学校を目指すうめだまさんのイギリスでの生活をマンガにしたものです。

この方は…絵が恐ろしいほどうまい!!

どんなタッチの絵も描いてしまう。(劇画から少女漫画調も)

そして、1ページの書き込み量が豊富で、おまけに本が分厚く、なかなか読み進みません。

お買い得感満載の1冊。

ただ、はとにっきに比べると、書き込みが多すぎて逆に読みにくいという印象がありました。

絵を描くお仕事の方ではありますが、漫画家さんではないので、

ページの構成が密すぎるなー、コマの配色もじっくり見ていると目がちかちかしちゃうな、と。

伝えたい情報をしぼって、絵ももう少しシンプルに描いてもらえると、

私には理解しやすかったかなぁ、と思います。

この本を読んで思ったのは、やはりイギリスのうなぎ料理はマズイのか…

ものすごくグロッキーなお写真をこの本で拝見させていただきました。

そして、最近のコミックエッセイはオールカラーが主流なのですね!!

他にもコミックエッセイを少し買って読んでいますが、みんなオールカラー。

時代の移り変わりを感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。