--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/26

なんで教えてくれないんですかね?

こんにちは、こひつじです。

先日、朝たまたまテレビで「親のお金をめぐるトラブル」というのを見ていて、ふと疑問に思ったことがあるんです。

(※今日は少しマジメなお話です)


どうして、お金にまつわる話はタブーなんだろう?

親子間で話し合ってはいけないんだろうか?



しばらく考えたのですが、考えてみればそもそも、われわれは



お金のことを学校で全く教わっていないんですよね!!!



私は二十歳で短大を出てそのまま就職したのですが、年末になって年末調整の用紙を配られて、

何この紙?と思って職場の先輩に聞きました。

これが自分が初めてぶつかったお金の疑問でした。

年末調整という言葉も知らないまま、いきなり社会に出て面食らったのです。

学校で何も教わらないまま、学校を卒業したら税金のこと知ってて当たり前。のようにふるまえって…

むちゃくちゃじゃないですか!!!


どうして学校では確定申告の仕方を教えないのでしょうか?


社会に出たらみんながサラリーマンになるという前提で、話が進んでいる感じが否めません。

(つまり、納税手続きを会社の事務員さんに丸投げして、自分ではやらない)

最近じゃ副業をOKにするかどうか?なんて話も一部ではあるのにな…

確定申告の知識、要るんじゃないですかね?!

知りたがり屋のこひつじ。

この疑問をまずは夫に話してみたのですが、物知りな彼によると、

「江戸時代は中国から儒教の教え(お金儲けは卑しいことだと考える)が伝わったのと、

”士農工商”と身分が分かれてて、商業というのは一番身分が低い。

商業=お金を扱うのは身分の低いもののやること。

しかも、江戸時代というのは終わってからまだ150年くらいしか経っていないわけで、

その頃の考え方は未だ、特に高齢の人を中心にしっかり根付いているのでは?

今のじいちゃんくらいの人達のじいちゃんばあちゃんはたぶん江戸末期に生きていた人達だから」

との指摘を受けました。


しかしですね、2014年にNISAが導入されたり、来年1月から個人型の確定拠出年金が販売開始だったりと、

自分のお金は自分で運用してね!という風に国が主導しています。

今まではタブーでも良かったかもしれませんが、

これからはお金のことを口にするのなんてタブー!なんて言ってはいられない。

私は新しい考え方を取り入れていかないと、今から生き残っていけないんだろうなと思っているのですが

考え方が正反対であろう、高齢の家族にお金のことを聞くのは、難しいですね…

何かあったときのお金と家の話は、まだしたことがありません。


学校でも英語とかプログラミングが必修とはなっているものの、

お金のことについての教育を学校でやるのは、まだずっと先、

もしくはうやむやになって結局取り上げられないままかもしれません。

何せ教育方針を決める人達が、お金の教育を受けないまま育ってしまった世代です。

そもそも概念が頭にないのです…

個人的には英語は大事だと思うけれど、プログラミングよりもお金の教育の方の優先順位を高くした方がいいと思っている派です。

私は、息子がもう少し大きくなったらお金のことをきちんと教えたいと思っていまして、

そのためにはまずは自分が勉強しておきたいね~(*´ω`*)と思っているのであります。

だがしかし!!

こひつじは”アホ”なので、なかなか理解が進まないのが現状です…
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めまして!
このブログに共感しました二児の母です(*´ω`*)
私も学校でお金の勉強はするべきだと思います‼️何故株はギャンブルなのか税金の事を知らずに社会に出されるのか、本当に不思議です。アメリカでは株は小学校から教えてるとか。
日本は遅れてます(^_^;)
お金の儲け方を知らない低所得者は自分で勉強も出来ずその子供もずっと低所得者になって負の連鎖です。高所得者は勉強出来るのでその子供も勉強しどんどん金持ちになっていきます。
ちゃんと学校でお金の運用を学ぶ出来ですよね٩( 'ω' )و

二児の母さま、コメントありがとうございます!当ブログの管理人こひつじと申します。
コメントの返事を書くのが遅くなってしまい、申し訳ございません。
私も今ではアラフォーですが、未婚のアラサーだったころ、縁あって経理関係の仕事に就いていたので、
税金のことを少しずつ知るようになりました。

知らないというのは、本当に怖いことだと思います。
昔の日本が「いい労働者(サラリーマン)を生み出すための教育」から抜け出せていないのが一番問題だと思います。
マジメに働いて、上の指示に従順に従いさえすればいいという時代は終わり、
本業にプラスして副業もOKという流れに変わりつつありますよね。

今は小学校で英語を学ぶ時代ではありますが、これから他の国に出たとしても、お金に対する考え方は完全に出遅れていて、
太刀打ちできないのではないか?と思うことがあります。
学校で教えてくれない、でも必要な知識なら、親が教えるしかないわけで…
まじめな話になってしまいますが、いくつになっても勉強は欠かせないですよね。
お金の教育の前に英語やプログラミングなどが優先されてしまい、内心困惑しているこひつじです。
英語はともかく、プログラミング???と思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。